是正勧告 時間外労働に関する協定がないことを指摘された
是正勧告 時間外労働に関する協定がないことを指摘された
小規模建設業専門サイトメニュー ≫ 時間外労働に関する協定がないことを指摘された


◆是正勧告書事例

適法な時間外労働に関する協定がないにもかかわらず法定時間外労働を行わせていること



【時間外労働に関する協定とは】
労働者に対してはたとえ本人からの同意を得ていた場合であっても1日8時間および1週40時間を超えて働かせることはできません。ただし、労働者の過半数を代表する者との間で協定を締結し、労基署に届け出ることにより初めて1日8時間1週40時間を超えて働かせることが可能になります。

協定届様式.doc
協定(特別条項無し)の記載例.xls (秋田労働局のものです)

【労働者の過半数を代表する者の選出手続】
時間外労働に関する協定を締結するための過半数代表者を選出することを明らかにしたうえで投票や挙手、同意書等により選出します。なお、信任を得ないまま使用者側の意向により過半数代表者が選出された場合、その協定は無効となります。

【協定を締結する上での注意事項】
協定締結の際は、労使間で延長可能な時間数を決めて頂くことになりますが、協定時間を超えて働かせた場合には法違反となります。

【延長可能な時間数(2024年3月までの間)】
建設業の場合、現場作業に従事する労働者および事務作業に従事する労働者についても限度時間はありません。しかし、使用者には労働者に対する安全や健康に配慮する義務があるので過度な延長時間を設定することは望ましくありません。
 ※2024年4月から適用される限度時間はこちら
ご連絡先はこちら
井労務経営事務所
〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山
6-2-15
TEL:045-642-8093
FAX:045-642-8094

【営業エリア】
横浜、川崎、神奈川県、東京23区、東京多摩地区、千葉県、埼玉県
 
 
日本年金機構

全国健康保険協会

東京労働局

神奈川労働局